あなたの「どうしたらいいの?」に、弁護士としておこたえします。

父子2世代の法律事務所です。

みずほのまち法律事務所は、1982年生まれの仲松大樹弁護士が、自分の故郷にしっかりと根を下ろし、故郷の皆さんに対して自分にできる法的サービスの提供を行っていきたいとの思いから、2019年3月1日、ここ瑞穂市で開業した法律事務所です。

2022年7月1日には、2016年から故郷沖縄での仕事をしていた父・仲松正人弁護士も岐阜に戻り合流。父子2代の法律事務所になりました。

ふるさと・岐阜県瑞穂市に根付いて法律サービスの提供をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

弁護士紹介

仲松正人 弁護士

一人一人が等しく自分らしく幸せに生きていくために。

人間一人一人が等しく自分らしく幸せに生きていける手助けをしたいと思い、弁護士になりました。

弁護士ができることは法による解決でしかありませんが、それが少しでも人間らしく生きていくための役にたつよう、力を尽くしたいと思います。


仲松大樹 弁護士

弱い人のために、弁護士になりました。

私たちの憲法は、「一人一人の人間を大事にする」ことを、国や社会の成り立ちの一番の基本にしています。

私は、「個人として尊重される」社会を実現するため、法の力で正義を実現したいと考え、弁護士になりました。

トラブルに苦しむあなたのために力を尽くして頑張ります。お悩みがあれば、お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
岐阜県瑞穂市別府1185-1エスポワール瑞穂201・お気軽にお問い合わせください
Copyright © みずほのまち法律事務所 All Rights Reserved.